証券口座を比較するときは初心者向けか考える

  • 証券口座の比較とNISAについて

    • 証券会社に証券口座を開くということはあらゆる投資活動を行う際に必要になるものであると言えます。

      その際に選択を迫られるのが特定口座の源泉徴収をありするかなしにするかです。

      証券口座の比較について紹介しています。

      源泉徴収をありにした場合は取引の度に証券会社の側が税金を計算して弾いてくれるため、他の口座に比較して面倒な計算をしないで済むのが特徴です。丁度給料関係の税金の天引きと同じく、最初の段階で計算をしてもらえるのでこのために確定申告を行う必要はないのです。一方源泉徴収をしない場合は税金の計算をしてくれません。

      年間20万円以上の利益が発生した場合には確定申告の義務が発生しますので面倒になりますが、年間20万円以下であれば確定申告が必要ないため、他の口座に比較して若干程度支払う税金が少なくなるという点がメリットとして挙げられます。



      この様に証券口座の種類に関しては税金に関連しているのです。この点については税金の仕組みをしっかりと理解し、自分に相応しい選択を行うべきであると言えますが、証券口座にはもう一つNISA口座と呼ばれるものが注目を集めています。
      この口座は非課税であるのが特徴であり、他の口座に比較しても様々な点でメリットに溢れています。



      ただ残念なのは年間で取り扱うことの出来る金額に上限が存在しており、それ以上の金額に対しては非課税枠が使えないという点です。


      また複数の証券会社に開設できる証券口座ではないため、どこか1カ所を選ばなくてはなりません。