クリニックでのアフターピル価格比較

「アフターピル」とは、避妊に失敗してから72時間以内に、着床を防ぐために救急として服用する内服薬のピルのことです。
望まない妊娠や不慮の事故による妊娠を防ぐために、使用されます。
アフターピルは、婦人科や性病科などの専門医療機関で、処方してもらうことができます。性行為を行い、避妊に失敗してから、着床が起こる72時間以内に服用をしなければ、効果が期待できません。また、アフターピルを服用したからといって、100%の避妊効果を期待できるわけではないので、注意が必要です。
アフターピルには、2種類の服用方法があります。以前よりよく使用されているプラノバールという中用量ピルと言われてるホルモン量が中程度の量が含まれているピルを服用するヤッペ法です。性交後72時間以内に2錠服用後、12時間後にさらに2錠を服用します。そして、もう一方は、ノルレボ錠という、日本では最近使用されるようになったもので、性交後72時間以内に1回2錠を服用する方法があります。
緊急避妊用として使用する場合のこれらのピルは、保険が効かないので、自費診療となります。
自費診療なので、クリニックなど医療機関によって、設定されている金額は全く異なります。ヤッペ法は比較的安価といわれており、相場は7000~10000円、ノルレボ錠の相場は15000~20000円です。
アフターピルの服用を希望される場合は、あらかじめ医療機関に問い合わせして、金額を確認しておくと良いでしょう。持ち合わせがない場合は、クレジットカードが使用できるかどうかも合わせて確認しておくと、安心でしょう。
副作用などで身体に負担がかかるのは間違いないので、避妊に失敗しないように、日頃からしっかりと考えておくことが重要です。

■アフターピル以外にも種類があります
マーベロン